オーディオテクニカサービスセンターにイヤホンを修理に出した話(前編)


先日、15年6月より愛用していたATH-IM50が断線し、右chから音が出なくなってしまいました。
特に負荷のかかるような使い方はしておらず経年劣化だろうと思い、サービスセンターにメールをしてみました。

2日ほどで返信が来ました。(土曜日に送信、火曜日に返答)保証が効くかどうかは製品を見ないことには分からないとのこと。
修理対応は以下の2通りだそうです。

サービスセンターに直接送る
送料自己負担
2週間ほどかかる

販売店に持ち込み
・サービスセンターとの直接のやり取りはなし(連絡は販売店とのみ取る)
別途手数料が生じる可能性がある
3週間ほどかかる

僕はお店に持っていくのが面倒だったので、前者にて対応をお願いしました。
いきなり送ってもいいそうですが、今回はメールを返信する際に一緒に受け付けも済ませてもらいました。
なお、修理に必要なものは以下の通りです。

保証書
販売証明となるもの(レシートなど)

イヤホン、保証書、レシートが濡れないように丁寧に梱包したら、定形外便にて発送。(120円)

その後、サービスセンターからは一向に音沙汰がなく不安でしたが、一週間ほどたった今日。ヤマト運輸からメールが。
内容は「サービスセンターからの荷物が明日届く」とのこと。
特に電話もメールもなかったので、無償で対応してくださったようです。安心しました。
それでは、明日イヤホンが返ってきたら続きを書こうと思います。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール

KaKi(@kakipy_kanade)

Author:KaKi(@kakipy_kanade)
Twitter
個人サイト
SoundCloud

カテゴリ